音楽旨い処


by ladysomething

ウマイ蕎麦あり〼

12/08

今日は立川に用事がありましたので、
ちょっと気になっていた蕎麦の店「無庵」に、よってみました。

隣がラブホテルになっており、ちょっとびっくりしますが
ここ無庵さんの入り口は写真のような趣き…
中に入るとこれまたビックリ。とても落ち着く照明と
内装で、東京とは思えません。
そして真空管アンプからはセンス良いジャズが流れてます。
壁にはジャズレコードのジャケットがかけられてて愛を感じます。
蕎麦にジャズ。ジャズに蕎麦。ちなみに
アメリカのスラングでは、だっさだっさのジャズのことを
ヌードルと呼ぶ。

あー、せいろにしようか、そばがきもいっちゃおうか
など迷ったあげく結果、おろし大根の薬味で
せいろ蕎麦を頂きました。が、
写真など撮れずに、あっというまに完食しちゃいました。
だって、あまりにも美味しい!
わたしの中では、東京で食べる男蕎麦のナンバー1を
今回、この無庵のせいろはマークしました!!!

ハ?男蕎麦ってなんだというヒトにご説明しますと…
わたしと同じくソバフリークと勝手に決めている
仙台にいるイッチーとわたしはある決めごとをしており
蕎麦を「女蕎麦」と「男蕎麦」に区分けしてます。

くくりは、いわゆる更科系の
ちょっと白っぽい蕎麦は「女蕎麦」と、
玄蕎麦、粗挽きの黒っぽい蕎麦を「男蕎麦」と、
我々(て、いうかわたしとイッチーの2人だけなんだけど)は
呼んでいるのだ。それでいくと、ここのは、もう完璧なる、セクシーな男気を感じる
男蕎麦です。

わたしは女も男もどちらも分け隔てなく好きですが
やはり東京では本物の男に会うコトが少ないので、
こんな所に君ってば隠れてたんだネ!会えてウレチイ♡
だった。

ちなみに、立川は、なかなかのグルメタウンと見えて
立川駅の近くには「マヨキチ」というお店もありました。
…マヨラーの方でもさそって是非行ってみたいものだ。

Today I went to Tachikawa city. Still in Tokyo but
about an hour from Shibuya. I wanted to check out the
buckwheat noodle (soba) place where I always wanted to go.
It's called MUAN and it was worth the hour train ride.
The place is located next to a love hotel! But once
you step inside MUAN will take you to the old days of Japan.
While you wait for the noodles to arrive you can listen to Jazz
from a Vacuum tube amplifier. Some old Jazz vinyls are carefully
placed on the walls that you assume the owner must be a straight up
Jazz fan but not the noodley ones.
And when the main dish of Soba arrives you'll see the owner is
pretty serious to his soba as well as jazz, this soba is probably the
best I've ever had in Tokyo so far!!!
c0048666_1744524.jpg
c0048666_1745851.jpg
c0048666_1746257.jpg

[PR]
by ladysomething | 2005-12-08 17:58 | 生活